WordPressとTwitterを連携して自動投稿するプラグイン(WordTwit)

この記事は約3分で読めます。

  • LINEで送る

WordTwit

今回はTwitterとWordPressを連携させ、自動投稿するプラグイン「WordTwit」を紹介します。
Twitter連携プラグインは、他にもいくつかありますが賢威カスタマイズ研究所では「WordTwit」を使っています。
他のプラグインについては、別の機会で紹介したいと思います。

WordTwitのインストール

それでは、早速WordTwitを導入します。
インストールに関しての詳細が不要な方は、WordTwitの設定まで進んでください。

WordTwit

「プラグイン > 新規追加」から「WordTwit」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › WordTwit Twitter Plugin « WordPress Plugins

WordTwit

WordTwit

「WordTwit Twitter Plugin」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。

WordTwitの設定

WordTwit設定

WordTwitを有効化すると、ダッシュボードのサイドバーに「WordTwit」が表示されます。
ここから、WordTwitの各種設定を行っていきます。

Twitterアカウントとの連携

まずは、自動ツイートするTwitterアカウントと連携します。

WordTwit設定

「WordTwit > Accounts」から「Configure on Twitter Now »」をクリックします。

WordTwit設定

TwitterDeveloversに遷移するので、自動投稿するTwitterのアカウントでログインします。

WordTwit設定

右上の「Create a new application」をクリックします。

WordTwit設定

以下のブログ情報を入力します。

  • Name:ブログのタイトル
  • Description:ブログの説明文(10~200文字)
  • Website:ブログURL
  • Callback URL:ブログURL

WordTwit設定

ブログ情報の入力が完了したら、規約に同意・画像認証を行って、
「Create your Twitter application」をクリックします。

WordTwit設定

登録が成功すると、このような画面が表示されます。
「Consumer key」と「Consumer secret」を使うので、メモしておきます。

WordTwit設定

WordTwit設定

WordTwit設定

次に、上のタブから「Settings」をクリックします。
「Application type > Access」を「Read and Write」に変更し、更新します。

WordTwit設定

WordTwitのWordPress設定画面に戻るので、「Options」から
先ほどメモした「Consumer key」と「Consumer secret」を貼り付けます。

WordTwit設定

そして、同じ画面で初期設定します。
当ブログで設定しているのは、赤枠の部分のみです。

「Individual tweet template」で「Custom」を選択すると、
ツイートする文言を追加するテキストボックスが下に表示されます。
「【ブログ更新しました】: [title] – [link]」などで入力します。

「Shortening Method」はURL短縮サービスの選択です。
私は短縮したくないので、「WordPress」を選択しました。

WordTwit設定

次に、「WordTwit > Accounts」から「Add Account」をクリックします。

WordTwit設定

Twitterに遷移し、WordPressからの連携を聞いてくるので、
「連携アプリを認証」をクリックします。

WordTwit設定

連携アプリの認証が成功すると、WordPress画面に戻り、
このように、Twitterアカウントが追加されています。

これで、WordPressとTwitterの連携は完了です。

投稿画面でツイートを確認できる

WordTwit設定

上記設定が完了すると投稿画面に、「WordTwit」が表示されツイート内容が確認できます。

WordTwit設定

スケジュール設定で複数回ツイートも設定できます。

実際のツイート

実際のツイートはこのような形になります。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ