WordPressでプラグインを使ってping送信先を設定する(記事更新にも対応)方法

この記事は約4分で読めます。

  • LINEで送る

ping

簡単・お手軽に設定できるので昔はブログとセットで語られることの多かったping送信ですが、
今では以前ほどのSEO効果もなく、ping送信サーバーも次々に閉鎖しているので、
既に死後・化石といった感じで語られることも少なくなってきました。

もし面倒な手順を毎回繰り返す必要があるなら、私もやりません。
しかし、最初1回だけ設定すれば後は自動でping送信してくれるので
最初に”おまじない”的に設定しておきましょう。

SEO効果やアクセスアップ効果は、おそらくほぼないでしょうが、
クローラーのインデックス促進効果はまだまだあると思います。

そして、人気ブログランキングなどに登録した場合、更新情報をping送信しないと、
人気ブログランキング側で更新情報を受け取れないので注意が必要です。

WordPressデフォルトのping送信先設定

実は、後々説明する通りこの方法は使いませんが、
念のため手順を簡単におさらいしておきましょう。

WordPressのping送信設定

WordPressの設定画面から、設定→投稿設定と進むと
一番下に更新情報サービスがあります。

その赤枠の部分にping送信先を設定していきます。
設定するping送信先を載せておきます。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://ping.fc2.com

http://ping.namaan.net/rpc

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://ping.blogoon.net/

あとは、変更を保存ボタンを押して終わり。
これだけで、記事投稿時に毎回ping送信してくれるので、
最初に”おまじない”的に設定しておきましょう。

「WordPress Ping Optimizer」でping送信の最適化

ping送信にプラグインが必要な大きな理由は、以下の2つです。

  • 記事更新時に毎回ping送信をしない
  • ping送信履歴を確認する

最初に説明したWordPressの初期機能でping送信すると、
1度公開した記事を更新するたびに、ping送信が行われます。

記事を公開して「あ、間違えた」と直したり、公開後に情報を追加したりと
記事を更新する頻度は以外に多いです、記事数が増えると実感します。

その度にping送信していると頻度があがり、pingサーバー側からスパム扱いを受けます。
頻度があがるとpingサーバー側からping情報の受信を拒否されてしまいます。
ですので、過度のping送信を行わないためにも公開時のみにしておく方が無難です。

そして、ping送信は履歴は「不要なping送信先を整理する」ために必要になります。
ping送信先は、最初に説明したとおり「次々に閉鎖」しています。
ping送信先がなくなっているのに、ずっとping送信していては、
サーバーに負担をかけるだけで、SEO的にもインデックス促進にも全く意味がありません。

そこで、その2つを解決するために「WordPress Ping Optimizer」を導入します。

元々、ping送信のプラグインとして有名だったのが「cbnet Ping Optimizer」です。
ですが、2012年末から機能が停止して使えなくなりました。

「WordPress Ping Optimizer」を導入して設定する

WordPress Ping Optimizerの導入

プラグイン→新規追加から、「WordPress Ping Optimizer」と入力し検索します。

WordPress Ping Optimizerの導入

WordPress Ping Optimizerの導入

いますぐインストールし、インストールが終了したら有効化しましょう。

WordPress Ping Optimizerでのping設定

有効化が完了すると、設定→WordPress Ping Optimizerで
「WordPress Ping Optimizer」の設定画面を表示できます。
赤枠の部分にping送信先を入力して、「Save Setting」ボタンを押せば完了です。

他の部分は何もしなくて問題ありませんが、念の為に説明します。

  • Enable pinging:pingを送信するかどうかを決める、チェックを外すと一切ping送信しない
  • Limit excessive pinging in short time:次のping送信までの間隔を決める(下図参照)
  • Ping Nowボタン:設定に関係なく、今すぐping送信する

WordPress Ping Optimizerの設定

「Limit excessive pinging in short time」にチェックを入れるとこのように表示されます。
「15分以内のping送信は最大1回」という意味です。
ですので、連続ping送信は15分間隔しかできません。

ここはチェックしてもしなくてもいいと思います。
私はチェックを外しています。
設定を変更したら、「Save Setting」ボタンを忘れずに押してください!

WordPress Ping Optimizerのping送信ログ

ping送信すると、設定画面でこのようにping送信ログが見れるようになります。
緑と青の字はping送信に成功しているので、気にする必要はありません。
赤字は、なんらかのエラーになっています。
エラーの種類は、HTTPのエラーコードが返ってくるので複数種類あります。

理解できる人は解明してもいいと思いますが、そこまで時間をかけるものでもないですし、
私はエラーが出たping送信先は片っ端から消していくことにしています。

初回に設定してしまえば、あとはほったらかしですので、
効果はあまり期待できないかもしれませんが、設定しておきましょう。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ