WordPressのリビジョン保存数を制限するプラグイン(Revision Control)

この記事は約2分で読めます。

  • LINEで送る

Revision Control導入

WordPressには、記事編集中に履歴を自動保存する「リビジョン」機能があります。
下書き保存や編集保存のたびに、履歴を自動作成しデータベースへ格納します。

以下の記事で既に保存されているリビジョンを削除するプラグインを紹介しました。
WordPressリビジョンを削除し管理画面を軽くプラグイン(Better Delete Revision)

リビジョンを一括削除しても、また自動保存され続けては困るので、
リビジョン保存数を制限するプラグイン「Revision Control」を使います。

「Revision Control」を利用すると、リビジョン保存数を自分で調整できるので
管理画面が軽くなるだけでなく、バックアップの容量を抑えるのにも役立ちます。

Revision Controlを導入してリビジョンを制限

「Revision Control」を導入します。
インストールして、設定画面からリビジョンの保存数を設定します。

インストールに関しての詳細が不要な方は、保存数の設定まで進んでください。

インストール

Revision Control導入

「プラグイン > 新規追加」から「Revision Control」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › Revision Control « WordPress Plugins

Revision Control導入

Revision Control導入

「Revision Control」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。
これで、「Revision Control」のインストールは完了です。

保存数の設定

Revision Control設定

Revision Control設定

「設定 > リビジョン」をクリックすると設定画面が開きます。
投稿と固定ページそれぞれで保存するリビジョン数を選択できます。

Revision Control設定

「リビジョン範囲」は、上のプルダウンに表示させる保存数を設定できます。
初期は「2..5,10,20,50,100」となっており、「2~5、10,20,50,100」が選択可能です。
「A..B」とすると、プルダウンに「A~B」まで1つずつ表示されます。
カンマ区切りとすると、その数字がピンポイントで表示されます。

リビジョン保存数を制御して、快適なWordPress生活を送りましょう。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ