WordPressで過去記事をツイートするプラグイン(Tweetily)

この記事は約2分で読めます。

  • LINEで送る

Tweetily
ブログの記事数が増えてきたら、過去記事を定期的にツイートすることで、アクセス数の底上げが期待できます。
今回は、過去記事をツイートするプラグインとして「Tweetily」を紹介します。

Twitterへの記事自動投稿については前回の記事を参考にしてください。
WordPressとTwitterを連携して自動投稿するプラグイン(WordTwit)

Tweetilyのインストール

「Tweetily」のインストールと設定について説明します。
インストールに関しての詳細が不要な方は、Tweetilyの設定まで進んでください。

Tweetily

「プラグイン > 新規追加」から「Tweetily」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › Tweetily – Tweet Your Posts Automatically! « WordPress Plugins

Tweetily

Tweetily

「Tweetily」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。
これで、「Tweetily」のインストールは完了です。

Tweetilyの認証と設定

Tweetily設定

インストールが完了すると、ダッシュボードのサイドバーに「Tweetily」が表示されます。
「Tweetily」から、過去記事のツイートに関する設定を行います。

Twitterアカウントの認証

Tweetily設定

まずは、「Sign in with Twitter」からTwitterアカウントと連携します。

Tweetily設定

Twitterに遷移するので、アカウントとパスワードを入力し「連携アプリを認証」をクリックします。
認証に成功すると、Tweetilyの設定画面に戻ります。

Tweetilyの詳細設定

Tweetily設定

設定に関する説明は画像をご覧ください。主な設定内容は以下のとおりです。

  • Additional Text:ツイートに含める文字
  • Additional Text Location:上記の文字を記事の前後どちらに含めるか
  • Include Link:記事リンクを含めるか、「Yes」にする
  • Time between tweets:ツイートの間隔(時間単位)
  • Minimum age of post:ツイート対象にするまでの間隔(日単位)
  • Maximum age of post:ツイート対象から除外するまでの間隔(日単位)
  • Exclude Categories:ツイート対象から除外するカテゴリ

設定完了後、「Update Tweetily Options」をクリックします。

個別記事の除外設定

Tweetily設定

さらに、個別記事の除外設定も可能です。
「Tweetily > Exclude Posts」をクリックし、除外する記事を選択します。
「Exclude Selected」をクリックして保存すると、ツイート対象から選択した記事が除外されます。

ここで、既に使えない記事やバージョンが古い記事を個別で除外することができます。

実際のツイート

実際のツイートはこのようになります。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ