WordPressでセルフピンバックを防止するプラグイン(No Self Pings)

この記事は約3分で読めます。

  • LINEで送る

No Self Pings

WordPressにはピンバックという、トラックバックよりもさらに簡単な相互リンク機能があります。
トラックバックと違い、専用URLすら入力せず記事中にリンクを貼ればできてしまいます。

トラックバックはトラックバック機能があればどのブログにも対応していて、
例えば無料ブログ(FC2やso-net)でもトラックバックを送ることができます。
しかし、ピンバックはWordPress専用の機能で、WordPressで運用されている
Webサイト・ブログ以外に通知されることはありません。

ピンバックは記事内にリンクを貼り付けると自動的に送信されるので、
自分のブログの他記事に内部リンクを貼り付けても送信してしまいます。
例えば、当ブログだと「http://www.keni-customize.net/1/」から
「http://www.keni-customize.net/2/」へリンクを貼り付けるとピンバックを送信します。
これをセルフピンバックと呼びます。

ピンバックはコメントと同列の扱いを受けるため、
コメントを承認制にしていると、自動的にブログに表示されることはありません。
しかし、WordPressの管理画面上には表示されてしまうので、ウザいです。

そこで、ピンバック(セルフピンバック)の停止方法を紹介します。

ピンバック・トラックバックについてはAdminWebさんで
詳しく紹介されているので、いまいちわからない人は読んでみてください。

トラックバックとピンバックの仕組みと違い | AdminWeb

ピンバックの送受信をやめる

ピンバック防止

まずは、ブログ全体でピンバックの送受信を指定する方法です。
設定 > ディスカッションから設定します。

「投稿のデフォルト設定」の「この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みる」に
チェックが入っていると、自分のブログを含めてピンバックを送信します。
このチェックを外すと、ピンバックの送信は行いません。
他ブログを含めてピンバックを全て止める場合は、ここにチェックを入れましょう。

次に「投稿のデフォルト設定」の「他のブログからの通知 (ピンバック・トラックバック) を受け付ける」に
チェックが入っていると、他ブログからのピンバック(トラックバック)を受け付けます。
双方とも、承認制になっていれば自動的にブログに表示されることはありませんが、
WordPressの管理画面までは送信されてきます。
このチェックを外すと、ピンバックを受け付けません。

ピンバック防止

ピンバック(トラックバック)の受信は、記事ごとに設定することもできます。
記事作成画面の表示オプション > ディスカッションを選択すると、
図のようなディスカッション枠が表示されます。
ここで、記事ごとのピンバック(トラックバック)の許可ができます。

チェック有無は、ブログ全体での設定よりも優先されます。

セルフピンバックのみ防止する

ピンバックは送信したいけど、セルフピンバックのみ防止したい場合は
「No Self Pings」というプラグインが利用します。

ピンバック防止

プラグイン > 新規追加から「No Self Pings」を検索します。
直接ダウンロードページはこちらです。
WordPress › No Self Pings « WordPress Plugins

No Self Pings設定

No Self Pings設定

「No Self Pings」を今すぐインストールし、
インストール完了後にプラグインを有効化します。

初期設定などはありません。
有効化すれば、それだけでセルフピンバックを防止します。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ