賢威6.1でヘッダーの説明文(抜粋文)を消す方法

この記事は約3分で読めます。

  • LINEで送る

賢威ヘッダーの説明文を削除

賢威テンプレートのヘッダー部にロゴ画像とサイト説明文が重なって表示される場合があります。
非表示にする方法がいくつかありますので、サイトに合った方法を使用してください。

賢威設定メニューからサイト説明文を消す

賢威ヘッダーの説明文を削除

WordPress管理画面の「賢威の設定 > 賢威の設定」をクリックします。
「サイト内共通の設定」が開きます。

賢威ヘッダーの説明文を削除

「サイトの簡単な説明」に記載されている文章が、トップページヘッダーの説明文として表示されます。
「サイトの簡単な説明」を空白にすれば、ヘッダーの説明文を消すことができます。

この方法は、管理画面から説明文を消すだけなので非常に簡単です。
しかし、クローラーに読み込ませるディスクリプションまで同時に消してしまうので、
ディスクリプションを残しつつ、トップページの説明文を消したい場合は次の方法を試してください。

ディスクリプションとは、HTMLのヘッダー部に出力されるメタタグで、
クローラーに全体的なサイト(ページ)を説明するために使用されます。

最近では、SEO上はほとんど関係なく、メタタグ自体がないサイトも多いですが、
検索エンジンに正しくサイト情報を伝えるため、私は残しています。

<meta name="description" content="内的SEO対策に優れているSEOテンプレート賢威を、内部SEOを崩さずデザインを自己流にカスタマイズする方法を紹介しています" />

ディスクリプションはHTMLヘッダー部に上記のようなメタタグが出力されます。

ヘッダーの説明文のみ削除し、ディスクリプションは残す

ディスクリプションを残し、トップページヘッダーの説明文のみを消す場合にはPHPを修正します。
「外観 > テーマ編集」より、「header.php」を開きます。

<!--▼ヘッダー-->
<div id="header">
<div id="header-in">

<div id="header-title">
<p class="header-logo"><a href="<?php bloginfo('url'); ?>"><img src="<?php bloginfo('template_url'); ?>/images/logo.jpg" alt="<?php title_keni(); ?>" /></a></p>


<h1><?php h1_keni(); ?></h1>
</div>

<div id="header-text">
<p><?php echo the_excerpt_keni(); ?></p>
</div>

</div>
</div>
<!--▲ヘッダー-->

検索等により、上記のコードを探します。
12~14行目を削除すると、ディスクリプションを残したままヘッダー部の説明文のみ削除できます。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ