サーバースッキリ!WordPressで画像の自動生成をやめる

この記事は約3分で読めます。

  • LINEで送る

自動生成画像の削除

WordPressの初期設定では、ダッシュボードから画像を追加すると、
設定してあるサイズでリメイクして、複数サイズの画像が作られます。

一見、サムネイルサイズなどを自動生成してくれるので便利なようですが、
当ブログのように、自分でリサイズして画像を利用している場合はほぼ使いません。

自動生成画像の削除

使わない画像がどんどん増えていくので、サーバーを圧迫する原因にもなります。
サーバー容量は大きいから大丈夫!!という方も、不要な画像のせいで、
バックアップ容量や時間がかなり増えてしまっている可能性があります。

今回は、画像の自動生成をやめる方法とこれまで自動生成された画像を削除する方法を説明します。

画像の自動生成をやめる

まずは、今後アップロードする画像がリサイズされ自動生成されるのをやめます。

自動生成画像の削除

「設定 > メディア」を開きます。
初期設定で「サムネイルのサイズ」、「中サイズ」、「大サイズ」が設定されています。
基本的に、ここに設定されている3種類の画像ファイルが自動生成されます。

ただし、指定よりもサイズの小さい画像をアップロードした場合は、それ以上のサイズは作成されません。
例えば、「400×400」サイズの画像をアップロードすると、
「サムネイルのサイズ」と「中サイズ」が作られ、「大サイズ」は生成されません。

自動生成画像の削除

画像を自動生成しない場合は、このように全てのサイズを「0」にして保存します。
これにより、3種類の画像が自動生成されなくなります。

自動生成画像の削除

当サイトでは、コンテンツ部分に利用する画像の幅最大サイズを「600」としているので、
「中サイズ」のみ、幅の上限を「600」で指定しています。

これにより、アップロードした画像幅が600以上の場合は、横幅が600の画像が自動生成されます。
このように、ブログの必要に応じて設定することも可能です。

WordPressによる画像の自動生成は3種類だけですが、使用しているテーマやプラグインによっては
他のサイズを自動生成している(そして使っている)場合があります。

自動生成された画像を一括削除する

画像の自動生成を停止したので、次にこれまで自動生成された画像の一括削除方法を説明します。

一括削除の前に、必要な画像まで削除してしまった場合に備えてローカルにバックアップを取りましょう。
画像のバックアップのみでよいので、FTPツールなどを利用してすぐにバックアップできます。

手動削除

自動生成画像の削除

初期設定のままであれば、サーバーのルートディレクトリ以下「/wp-content/uploads/YYYY/MM」に
その月にアップロードした画像が格納されています。(YYYY:年、MM:月)

そこから「○○○-150×150.jpg」のように、サイズの付与された画像を削除していきます。

ただし、先ほども説明した通りテーマやプラグインで自動生成した画像もあります。
これらを削除すると、テーマやプラグインで利用している画像が表示できなくなってしまいます。

プラグインで削除(DNUI Delete not used image)

もうひとつ、プラグインで削除する方法を説明します。
「DNUI Delete not used image」というプラグインを利用します。

インストールに関しての詳細が不要な方は、DNUI Delete not used imageの使い方まで進んでください。

インストール

DNUI Delete not used image

「プラグイン > 新規追加」から「DNUI Delete not used image」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › DNUI Delete not used image « WordPress Plugins

DNUI Delete not used image

DNUI Delete not used image

「DNUI Delete not used image」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。
これで、「DNUI Delete not used image」のインストールは完了です。

使い方

DNUI Delete not used image

「設定 > DNUI」をクリックすると、画像のスキャン画面が開きます。

DNUI Delete not used image

DNUI Delete not used image

画像スキャンが完了すると、元画像と自動リサイズ画像が表示されます。
使っていない画像を選択して、「Delete」をクリックすると画像が削除されます。

「Select All」をクリックすると、利用していない画像を一括で選択できます。

ここで削除できる画像は、WordPressのメディアライブラリに登録されている画像だけです。
プラグインで自動生成される画像は対象になっていないので手動削除してください。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ