賢威6.1からフッターをとりあえず消す方法(後ですぐ復活できる)

この記事は約5分で読めます。

  • LINEで送る

賢威のフッターを非表示にする

賢威6.1のインストール直後は全てのフッターに同じ項目が表示されています。
「アドレス」と「メニュー」です。

フッターは使い勝手が良いので、Webサイト・ブログが充実してくれば
カテゴリを表示したり、月別アーカイブを表示したりといろいろな用途で使えます。
しかし、賢威をインストールしたばかりの新しいWebサイトでフッターを使いこなすのは難しいです。

そこで、とりあえずWebサイト・ブログが充実するまでとりあえず消しておくのが得策です。
架空の住所やサンプル画像をいつまでも表示しておくのはあまりよくありません。

消すと言っても、後々フッターを使いたい場合がでてくると思うので、
そうなった場合にはすぐに復活できるようにする方法を説明します。

フッターのみを非表示にする

「外観 > テーマ編集」から「footer.php」を選択します。
「footer.php」にはフッターを表示するコードが書かれています。

<!--▼フッター-->
<div id="footer">
<div id="footer-in">


<!--アドレスエリア-->
<div class="area01">
<h3>アドレス</h3>
<div class="access">
<div class="area01-freebox">
<?php
	if (the_keni('author_image') != "") {
		echo '<p><img src="'.the_keni('author_image')."\" /></p>\n";
	}
	if (the_keni('author_info') != "") {
		echo nl2br(the_keni('author_info'));
	}
?>
</div>
</div>
</div>
<!--/アドレスエリア-->


<!--フッターメニュー-->
<div class="area02">
<h3>メニュー</h3>
<div class="footer-menu">

<?php get_globalmenu_keni('footermenu1'); ?>

<?php get_globalmenu_keni('footermenu2'); ?>

</div>
</div>
<!--/フッターメニュー-->

</div>

</div>
<!--▲フッター-->

ここがフッターを表示している部分なので、ここが表示されなければいいのです。
そこで、以下のようにphpを追加して表示されないように修正します。

<?php if (false) { ?>
<!--▼フッター-->
<div id="footer">
<div id="footer-in">


<!--アドレスエリア-->
<div class="area01">
<h3>アドレス</h3>
<div class="access">
<div class="area01-freebox">
<?php
	if (the_keni('author_image') != "") {
		echo '<p><img src="'.the_keni('author_image')."\" /></p>\n";
	}
	if (the_keni('author_info') != "") {
		echo nl2br(the_keni('author_info'));
	}
?>
</div>
</div>
</div>
<!--/アドレスエリア-->


<!--フッターメニュー-->
<div class="area02">
<h3>メニュー</h3>
<div class="footer-menu">

<?php get_globalmenu_keni('footermenu1'); ?>

<?php get_globalmenu_keni('footermenu2'); ?>

</div>
</div>
<!--/フッターメニュー-->

</div>

</div>
<!--▲フッター-->
<?php } ?>

「<!–▼フッター–>」「<!–▲フッター–>」と書かれている上と下に追加します。
こうすることで、どのページでもフッターが表示されなくなります。

フッターを再度表示させる方法

フッターを再表示させる方法は簡単です。
追加した「<?php if (false) { ?>」と「<?php } ?>」を消すと再表示されます。

フッター出力部分を消さないように

ここからは蛇足なので、興味のある方のみ読んでください。

賢威では記事ページ、固定ページやトップページなどいくつもphpがわかれています。
フッターは全てのページで表示させるようになっているので、全てのページには以下のコードがあります。

<?php get_footer(); ?>

この1行で先ほど修正した「footer.php」を表示しています。
ですので、この行を消してもフッターを非表示にすることは可能です。

賢威のフッターを非表示にする

賢威のフッターを非表示にする

しかし、「footer.php」の中にはフッター要素だけでなく「このページの先頭へ」ボタンや
「Copyright」を表示するコードも含まれています。

よって、フッターの表示部を消してしまうと、これらも一緒に消えてしまいます。
フッター部分のみを消したいのであれば、上の方法で修正してください。

  • LINEで送る

“賢威6.1からフッターをとりあえず消す方法(後ですぐ復活できる)” への1件のフィードバック

  1. […] 参考リンク:賢威6.1からフッターをとりあえず消す方法(後ですぐ復活できる) […]

コメントを残す

このページの先頭へ