WordPressの表示速度を改善するプラグイン(DB Cache Reloaded Fix)

この記事は約2分で読めます。

  • LINEで送る

DB Cache Reloaded Fix

WordPressを利用していると、ブログの表示速度が遅かったり、管理画面が重いと感じることがあります。
ブログが重くなる要因の1つとして、データベースへのクエリが関係します。
(WordPressが使用しているデータベースへの命令のこと)

WordPressはHTMLサイトと違い、動的にページを生成しユーザー側に表示します。
頻繁にデータベースへのアクセスが行われると、クエリ数も増加しパフォーマンスに影響します。

データベースのクエリ数を抑えるのに役立つプラグインが「DB Cache Reloaded Fix」です。

「DB Cache Reloaded Fix」は、データベースのクエリ結果をキャッシュして、クエリ数を減らしてくれます。
記事数が増加したり、アクセスが集中した場合などに特に効果が現れるプラグインです。

DB Cache Reloaded Fixを導入して表示速度改善

「DB Cache Reloaded Fix」を導入します。
インストールして、設定画面から有効化するのみの手順です。

インストールに関しての詳細が不要な方は、有効化まで進んでください。

インストール

DB Cache Reloaded Fixインストール

「プラグイン > 新規追加」から「DB Cache Reloaded Fix」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › DB Cache Reloaded Fix « WordPress Plugins

DB Cache Reloaded Fixインストール

DB Cache Reloaded Fixインストール

「DB Cache Reloaded Fix」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。
これで、「DB Cache Reloaded Fix」のインストールは完了です。

有効化

DB Cache Reloaded Fix設定

「設定 > DB Cache Reloaded」をクリックすると設定画面が開きます。

DB Cache Reloaded Fix設定

有効のチェックボックスをチェックし、保存すれば完了です。
追加オプションもありますが、初期設定のままでOKです。

非常に簡単にパフォーマンス改善の手助けをしてくれるプラグインなので、導入しておきましょう。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ