賢威6.1でページごとにカラム数を変更する方法

この記事は約2分で読めます。

  • LINEで送る

賢威のカラム数変更

賢威6.1では、各ページごとのカラム数をWordPressの管理ページから簡単に変更できます。
PHPやCSSを修正しなくても、カラム数の変更が簡単なので使いやすいのですが、
変更するポイントが複数に分かれているので、少しわかりづらいです。

この記事で賢威6.1のカラム数の変更方法についてまとめます。

各カラム数の表示

賢威のカラム数詳細

賢威6.1のカラム数を図で表すとこのような感じで、5通りから選択できます。

初期状態では「サブコンテンツ」に何も設定されていないので、
ウィジェットから設定しないとサブコンテンツ部分は表示されません。

1カラム、2カラムの場合はサブコンテンツはあまり使わないです。
しかし、3カラム設定の場合はサブコンテンツがないと、
片側のサイドバーが表示されないので、サブコンテンツをしっかりと設定してください。

カラム数の変更方法

各カラム数の変更方法について説明します。
カラム数は、以下の4段階で設定できます。

  • 共通設定
  • トップページ
  • 一覧ページ
  • 個別ページ

優先度は「個別ページ > 一覧ページ = トップページ >共通設定」の順です。
例えば、共通設定で「2カラム」設定でも、個別ページで「1カラム」に変更すれば、
その個別ページのみ、「1カラム」での表示が可能になります。

これにより、1カラム縦長のランディングページも作りやすくなり、
これまで、HTMLで別に作成していたページもWordPressから作成できます。

共通設定

賢威のカラム数共通設定

ダッシュボードの「賢威の設定」を選択します。
その中の、「サイトの基本レイアウト」で選択できます。

トップページのカラム数変更

賢威のカラム数トップページ設定

ダッシュボードの「賢威の設定 > トップページ」を選択します。
その中の、「トップページのレイアウト」で選択できます。

一覧ページのカラム数変更

賢威のカラム数一覧ページ設定

ダッシュボードの「賢威の設定 > 一覧ページ」を選択します。
その中の、各ページのレイアウトで選択できます。

ここで、カテゴリ・タグ・検索結果など、それぞれ変更できるので重宝できます。

個別ページのカラム数変更

賢威のカラム数個別ページ設定

個別ページは、投稿・固定ページのレイアウトで選択します。
この設定が最優先されるので、共通設定を変更しても記事のカラム数が変わらない場合は、
各投稿や固定ページのカラム数設定を確認してください。

共通設定に合わせてカラム数を変えたい場合は、「共通設定を適用する」を選択します。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ