WordPressのリンク切れを自動的にチェックするプラグイン(Broken Link Checker)

この記事は約2分で読めます。

  • LINEで送る

Broken Link Checker説明

WordPressでリンク切れを自動でチェックしてくれるプラグインです。
リンク切れが検索順位に影響することはありませんが、
ユーザビリティが良くないので、しっかりチェックして対応しましょう。

「Broken Link Checker」というプラグインを利用します。
インストールと初期設定だけで、定期的にリンク切れをチェックしてくれます。

Broken Link Checkerを導入してリンク切れチェック

「Broken Link Checker」を導入します。
インストールして、設定画面から初期設定を行います。

インストールに関しての詳細が不要な方は、Broken Link Checkerの初期設定まで進んでください。

インストール

Broken Link Checkerインストール

「プラグイン > 新規追加」から「Broken Link Checker」を検索します。
直接ダウンロードは以下のページから可能です。
WordPress › Broken Link Checker « WordPress Plugins

Broken Link Checkerインストール

Broken Link Checkerインストール

「Broken Link Checker」を今すぐインストールし、インストール完了後にプラグインを有効化します。
これで、「Broken Link Checker」のインストールは完了です。

初期設定

Broken Link Checker初期設定

Broken Link Checker初期設定

「設定 > Broken Link Checker」をクリックすると設定画面が開きます。
インストール時点で、リンク切れをチェックし設定画面に表示します。

ステータス
リンク切れがあれば表示される(クリックするとステータスが確認できる)
各リンクをチェック
リンクのチェック間隔、サーバーに負荷がかかるため頻繁にはしないほうが良い
メールで通知
新たにリンク切れを発見した場合はメール通知をする
リンクの調整
リンク切れ箇所をどのように対処するか

Broken Link Checkerの動作

Broken Link Checkerリンク切れ動作

初期設定のままでも構いませんが、リンク切れに自動的に取り消し線が入るので、
「リンクの調整」の「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」はチェックを外しましょう。

※リンク切れ以外にも、サーバーメンテナンス中などでリンク先に接続できない状態で
「Broken Link Checker」が作動するとリンク切れとしてチェックします。

Broken Link Checkerステータス画面

リンク切れは「一般タブ」のステータスから確認できます。
各リンクのステータス(404 NotFoundなど)も確認できるので便利です。

他のタブは初期設定のままですが、日本語で書かれているので、
細かく設定したい方はいろいろと試してみてください。

  • LINEで送る

コメントを残す

このページの先頭へ